スポンサーリンク

借金返済計画を立ててみた【マイプランを公開】

【借金返済のための最重要項目】借金返済計画を立ててみた 返済計画
この記事は約5分で読めます。

この記事では、僕の返済計画を公開しています。2019年10月に初めて返済計画を立てたんですが、何度か変更をしていて、その変化も合わせて書いているので少し見づらい部分があるかもしれませんが、こういうこと(方法)をすると、いくら借金が減るんだなというのを実感してもらえたらと思うので、あえて書いています。

【最重要】誰でもできる借金返済計画の立て方と返済のコツ』 でも書きましたが、返済計画を立てること自体は面倒なんですが、計画を更新する度に、利息が節約され、完済が近づいているのを実感できるので、楽しみになってきました(笑)

実際、計画を立てたことで、

  • 返済の終わりが見え、ストレスが減った(返済計画①)
  • 節約する意識が芽生えた(返済計画①)
  • 将来の返済額が6万円減るという喜び(返済計画②)
  • 将来の返済額がさらに4万円(計10万円)減るという喜び(返済計画③)

のような、変化がありました。

借金返済計画①|2019年10月版

Step1. 現在の借金を把握する

借入先は1社だけになります。

借入先借入額金利返済額返済日
三井住友
カードローン
896,429円14.0%30,000円5日

Step2. 家計の収支を把握し見直す(返済可能額を計算する)

 給与(手取) 207,000 円
 副業30,000 円
 収入(合計)237,000 円
 家賃46,000 円
 水光熱費10,000 円
 食費30,000 円
 生活費31,000 円
 特別費10,000 円
 教育費10,000 円
 投資・貯金・保険50,000 円
 趣味・娯楽20,000 円
 支出(合計)207,000 円
 差額30,000 円

Step3. 返済期間をシミュレーションする

Step2の計算で出てきた差額(返済可能額)で、借入金(残高896,429円)の返済をシミュレーションしてみました。

残高返済額返済期間返済総額利息
896,42930,000円38ヶ月1,118,888円222,459円

約90万円の借金に対して、利息が22万円も発生します。返済期間は3年以上。

借金返済計画②|2019年12月版

レイクやアコムの無利息キャンペーンを利用する計画をたてました。このキャンペーンを利用することで最大6ヶ月間、利息ゼロとなり、約6万円の節約をすることができます。

2019年12月現在の状況(残高:699,710円、月々返済額:30,000円)で比較すると、

プラン返済期間返済総額利息
借金返済計画①’31ヶ月1,042,907円146,478円
借金返済計画②29ヶ月982,690円86,261円

返済計画詳細:ゼロ金利の利用

【最重要】誰でもできる借金返済計画の立て方と返済のコツ」 の返済のコツ「金利を下げる」を実践しています。期間限定ですが、ゼロ金利を利用することで、本来発生する利息をカットしています。

この計画に関しては、以下の記事で詳しく紹介しています。

借金返済計画③|2020年1月版(※最新版)

無利息キャンペーンを使い切ったあと、2020年7月から低金利ローンへ借換をしようと思っています。

2019年12月現在の状況(残高:699,710円、月々返済額:30,000円)で比較すると、 返済計画によって最終的な返済額が10万円以上変わりました!!!

プラン返済期間返済総額利息
借金返済計画①’31ヶ月1,042,907円146,478円
借金返済計画②29ヶ月982,690円86,261円
借金返済計画③27ヶ月934,548円38,119円

上記の返済計画③は金利4.5%で計算しました。今回借換を予定している大和信用金庫のローンは変動金利制(3.5 or 4.5%)でどちらの金利が適応されるかわからなかったので、高い方で計算しみました。もし低い金利が適応されたら、総返済額はさらに低くなります。

返済計画詳細:低金利ローンで借換

【最重要】誰でもできる借金返済計画の立て方と返済のコツ」 の返済のコツ「金利を下げる」を実践しています。低金利ローンに借換することによって、将来発生する予定だった利息をカットできます。

返済計画③の場合の、主要借入期間、金利、時期をまとめてみました。

時期機関金利
~2019年12月三井住友銀行
カードローン
14.5%
~2020年6月いろいろ0%
2020年7月~大和信用金庫
カードローンEase
3.5 or 4.5%

他の金融機関と比べて、ろうきん信用金庫は金利がかなり低く設定されています。

ただ、契約条件が厳しいので誰でも借りられるわけではありません。今回利用を予定している大和信用金庫のローンの条件は

  • ご契約時の年齢が満20歳以上62歳未満の方。
  • 安定継続した収入がある方(パート・アルバイトの方および配偶者に安定した収入がある方もお申し込みいただけます。)
  • 当金庫の営業地域にお住まい、または勤務されている方。
  • 同一の勤務先に2年以上勤務、又は同一の事業を2年以上営業されている方。
  • 株式会社セディナの保証が受けられる方。

となっています。年齢や、地域勤務条件といった項目の制約が厳しくなっています。

金利が断然低いので、ろうきんや信用金庫を利用することをおススメします。地域の制限があるので、一度住んでいる地域のろうきんや信金に問い合わせてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました